うんちく

2007年4月 8日 (日)

お盆 うんちく

故人の四十九日の忌明け後、初めて迎えるお盆を 新盆といいます。

先祖の精霊を迎え追善の供養をする期間を「お盆」(正式には盂蘭盆会うらぼんえ)と呼び、 7月または8月の13日より16日までの4日間をさし ます。
サンスクリット語のウラバンナ(逆さ吊 り)を音写したもので、 転じて「逆さまに釣り 下げられるような苦しみにあっている人を救う法 要」という意味です。ある時、目連尊者が神通 力で母が餓鬼道に落ち逆さ吊りにされ苦しんでい る姿を見て、母を救う方法をお釈迦様に尋ねたと ころ、「夏の修行が終った7月15日に僧侶を招き 、多くの供物をささげて供養すれば母を救うこと が出来るであろう」と教えたという故事に由来し ています。
日本各地で行われるお盆行事は、各 地の風習などが加わったり、宗派による違いなど によってさまざまですが、一般的に先祖の霊が帰 ってくると考えられています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HALLOWEEN うんちく

Haro23 日本でハロウィンというと10/31だけと思われがちですが実際にはハロウィンの祝祭は10/31の日没後からのハロウィンイブ、11/1の万聖節、11/2の万霊節と続きます。もともとアイルランドのカトリックの村で行われていたそうですが現在はその宗教的な意味は薄れ単にお祭り、祝日としてアメリカを中心に広く知れ渡っています。子供たちが奇怪な衣装で近所の家々をまわり、お菓子やおこずかいをもらう習慣はTrick or Treat!!という決まり文句とともにあまりに有名です。聞き慣れない万聖節というのは全ての聖人を讃え祝う日です。万霊節はまだ清められていない死者の魂を祈る日です。その昔、ハロウィンの期間は魔のものが好んで現れると信じられていて家には魔よけの飾りをする習慣があり現在のハロウィンデコレーションの元となっています。またキリスト教徒は死者を思い出す日としてお墓参りをします。日本でいうお盆みたいなもんなんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 6日 (金)

Saint Valentine's Day うんちく

Saint Valentine's Day うんちく

2/14といえばバレンタインデー。日本でも一般的なイベントになっておりますが、もともとの習慣というのは日本の習慣とちょっと違います。起源は古代ローマ時代にさかのぼり、2/14と15日に愛情や親愛に関する祝祭があったようです。

キリスト教会はAD.270年に迫害されたイタリアのキリスト司祭バレンティヌスを記念する宗教的な祝日を2/14にしました。バレンティヌスは人々に大変人気があったようでさまざまな人が彼の元を訪れました。彼は人々の帰り際に庭に咲いた花を幸運のしるしとして渡したそうです。キリスト教会は彼を奉り2/14を彼の祝祭日として彼の名前をつけてセントバレンタインデーとしました。

現代、欧米では一般的にバレンタインデーには恋人達がお互いに愛情や友情、親愛のしるしにプレゼントを贈ることができる日になっています。もちろん男性が恋人にプレゼントを贈りますし、日本のように女性から男性へ愛の告白ができる日、というわけではないんですね。なんで日本ではそうなってるのかミステリーサークルより謎です。ちなみにホワイトデーも日本だけの習慣のようです。

女の子からのチョコはうれしいものですが、本命の彼女にはさりげなくバレンタインデーにもお花のプレゼントなどしてみたらきっと感激してくれるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ADVENT アドヴェントうんちく

ADVENT アドヴェントうんちく
クリスマス前の日曜日を含む4週前の日曜日からアドヴェントの期間が始まります。クリスマスを迎える前の祈りの期間でかつては断食をしていたそうですが19世紀はじめに断食の習慣はなくなりいまでは祈りの期間として習慣が残っているようです。最初の日曜日に一本目のキャンドルに火をともし次の日曜日にはニ本、次の日曜日には3本と一本づつともすキャンドルを増やしていきます。シンプルなグリーンのリースに白いキャンドルを使うのがベーシックなスタイルですが最近ではいろいろなマテリアルが使用されています。またクリスマス前日までは罪の償いを象徴するパープルのリボンを使い、クリスマスには白のリボンにかえます。(プロテスタント教会では3週目はピンクにします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)